DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
300. 学位論文 >
2014年度(平成26年度)修了 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/9988

タイトル: 深泥池における湿原植生の変化に及ぼすニホンジカと環境要因の影響
著者: 鄭, 呂尚
発行日: 2015年3月25日
出版者: 奈良教育大学
収録種別: 学位論文
内容記述: 奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成27年3月25日
抄録: 深泥池(京都市北区)には、貧栄養な水質の池に高層湿原的なミズゴケ泥炭地が浮島として成立しており、貴重な水生植物群落が発達している。植生の変化と現状を把握するため、浮島湿原全域に総延長1,600m、幅1mのベルトトランセクトを設けて出現植物と採食の有無を記録し、2006年に行われた同調査と比較した。2006年から2013年にかけて種数に大きな変化は見られなかったが、シカによる採食品目数、植物種の被食率は著しく増加した。また、多くの小型の草本種の出現率が大きく増加した一方、大型の植物であるヨシ、マコモ、ススキ、セイタカヨシや、2006年に優占種であったミツガシワやカキツバタ、サワギキョウなどの出現率が顕著に減少した。出現率が増加した種に関しては被食率が低く、出現率が減少した種に関しては被食率が高かったことから、シカが出現率の増減に大きな影響を与えたと考えられた。さらに、草本種は2006年から2013年にかけて開水域からの距離が近い浮島外縁部と浮島南部で種数が増加する傾向にあった。浮島外縁部と浮島南部は地盤が不安定であるためシカがアクセスしにくいことが原因ではないかと考えられる。優占種が大型の草本種から、シカが採食しない小型の草本に変化しており、今後もシカ対策を行わない限りこのような変化は続くと考えられる。深泥池湿原の貴重な植生を保全するためには、今後早急に防鹿柵を設置するなどの対策が必要である。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/9988
出現コレクション:2014年度(平成26年度)修了

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
thesis2014jeong.pdf2.07 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ