DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
104-2. 自然環境教育センター紀要 >
第15号 (2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/9885

タイトル: 奈良公園で死亡したニホンジカ Cervus nippon から採取したマダニ類について
その他のタイトル: Tick fauna collected from the carcasses of sika deer in Nara park, central Japan
著者: 坂井, 明澄
鳥居, 春己
キーワード: マダニ類
ニホンジカ
植生
奈良公園
Ixodidae
Sika deer
vegetation
Nara Park
発行日: 2014年3月20日
出版者: 奈良教育大学自然環境教育センター
収録雑誌名: 奈良教育大学自然環境教育センター紀要
巻: 15
開始ページ: 27
終了ページ: 34
ISSN: 21887187
収録種別: 紀要論文
抄録: 2011年4月から2012年1月にかけて奈良公園で死亡した18頭のニホンジカ(Cervus nippon)の死体から頭部の皮を剥ぎ取り,表皮よりマダニ類を捕獲した.マダニ科Ixodidae に属する2属4種(フタトゲチマダニHaemaphysalis longicornis,キチマダニH. flava,オオトゲチマダニH. megaspinosa,タカサゴキララマダニAmblyomma tetsudina)を同定した.ニホンジカ頭部に付着していたマダニの棲息密度は,奈良公園の平坦部で採取されたニホンジカよりも山麓部で採取されたニホンジカで高かった.これはニホンジカが棲息していた植生がニホンジカ頭部に棲息するマダニ類棲息密度の違いをもたらしていたことを示唆した.
Ticks were collected from eighteen carcasses of sika deer (Cervus nippon) in Nara Park, central Japan, during April 2011 to January 2012. Skins were peeled off their heads and ticks were captured from the surface of these skins. We detected 2 genera 4 species, i.e., Haemaphysalis longicornis, H. flava, H. megaspinosa, Amblyomma tetsudina, belonging to Ixodidae. Tick density of the deer head in the foot of a mountainous area was higher than that in flat area in Nara Park. This indicates that the vegetation of deer habitats causes the difference of tick densities on the deer head skins.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/9885
出現コレクション:第15号 (2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEE15_27-34.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ