DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-4. 教育実践総合センター研究紀要 >
第17号 (2008) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/694

タイトル: 2004年度フレンドシップ事業「夢化学21」の実施報告とその分析
その他のタイトル: Results and Discussion on "Friendship" Education Program at Nara University of Education in 2004
著者: 梶原, 篤
大西, 郁子
キーワード: フレンドシップ事業
夢化学21
教育実践活動
スクールサポート活動
発行日: 2008年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター
収録雑誌名: 教育実践総合センター研究紀要
巻: 17
開始ページ: 263
終了ページ: 268
ISSN: 13476971
収録種別: 紀要論文
抄録: 奈良教育大学では総合演習としてフレンドシップ事業「夢化学21」を単位化している。2004年度は単位化して4年目で、理科専攻の学生と数学専攻の学生が受講し、活動を行った。例年通り4月から7月までの前期講義期間4ケ月間を利用し準備を行い、近隣の小中学生を対象に理科教室を開催した。2004年度の特色としては実施に当って、事務的な作業をする学生と実験準備をする学生の仕事を分け、それぞれ得意とする作業に従事した。本稿では、 2004年度の活動内容の報告、活動実施後のアンケート結果の分析について述べ、この理科教室の目的である、「大学の施設を利用し、普段の小中学校では体験できない実験を通して、科学の面白さや楽しさを感じてもらうこと、及び深刻化しつつある理科離れを防ぐこと」や「受講生が、企画・立案・運営を学生主体で行うことにより、ゼロから作り出す苦労や楽しさを体感し、より実践的なノウハウを身につけることで、現在学校教育に求められている教員の資質を身につけ、科学を楽しむ姿勢をもつこと」がどの程度達成できたのか、できなかったのかを検証し、さらに教育大学における教育実践活動のあり方について提言する。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/694
出現コレクション:第17号 (2008)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2008-H15.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ