DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-4. 教育実践総合センター研究紀要 >
第20号 (2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/5959

タイトル: 2010年度フレンドシップ事業「夢化学22」の実施報告と今後の展望
その他のタイトル: Results and Discussion on “Friendship” Education Program in the Field of Science Education at Nara University of Education in 2010
著者: 梶原, 篤
キーワード: フレンドシップ事業
夢化学22
総合演習
理科離れ
教材開発
ETYP:教育関連論文
発行日: 2011年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター
収録雑誌名: 教育実践総合センター研究紀要
巻: 20
開始ページ: 239
終了ページ: 244
ISSN: 13476971
収録種別: 紀要論文
抄録: 奈良教育大学では総合演習としてフレンドシップ事業「夢化学22」を単位化している。2010年度は、学校教員養成課程のみならず、総合教育課程の学生も受講し、理科教室を開催する活動を行った。本年度も、例年通り4月から7月までの前期講義期間4ヶ月間を利用し準備を行い、近隣の小学生を対象に開催する理科教室を開催した。本稿では、2010年度の活動内容の報告、活動実施後のアンケート結果の分析について述べる。そしてこの理科教室の目的である、「地域の小学生を対象に、大学の施設・設備を利用し、日頃体験できないような実験を参加者自らが身を持って経験することを通して小学生に科学を学ぶ楽しさを知ってもらうともに、科学に対して興味や関心をより一層深めてもらうこと」「受講生においては、本企画の準備・運営を学生が主体となって行うことを通し、将来学級運営の場で必要とされる教師の資質を高めていくこと」がどの程度達成できたのか、できなかったのかを検証する。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/5959
出現コレクション:第20号 (2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2011-H09.pdf2.17 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ