DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-4. 教育実践総合センター研究紀要 >
第20号 (2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/5952

タイトル: LD通級指導対象児の適応・指導効果・予後に影響を及ぼす要因に関する検討 ―WISC-Ⅲプロフィールと環境的要因の視点から―
その他のタイトル: What are the developmental characters of students referred to the LD resource room and how are they supported? ―Consideration of WISC-III profiles and environmental factors―
著者: 今西, 満子
小山, ありさ
玉村, 公二彦
キーワード: 通級指導教室
Resource Room
WISC-Ⅲプロフィール
WISC-III profile
環境要因
Environmental Factor
ETYP:教育関連論文
発行日: 2011年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター
収録雑誌名: 教育実践総合センター研究紀要
巻: 20
開始ページ: 145
終了ページ: 157
ISSN: 13476971
収録種別: 紀要論文
抄録: LD通級指導教室においては、個々の児童のニーズに応じた形で指導を行っているが、対象児への指導の効果や予後については個人差が大きく、対象児らの発達的な経過には、発達上の困難や障害そのものに加え、環境に関連した要因など、多様な要因が絡み合いながら影響を及ぼしていると考えられる。本研究においては、LD通級指導教室における通級指導もしくは教育相談を利用した児童のWISC-IIIプロフィールのタイプ分類を群指数間の差に基づいて行い、適応・指導効果・予後に影響を及ぼす要因について検討を行ったところ、各要因間の関連性とともに、早期対応の重要性、学校や家庭における環境の整備の重要性と、それらを支える制度的基盤の拡充の必要性が示唆された。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/5952
出現コレクション:第20号 (2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2011-R26.pdf1.15 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ