DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-4. 教育実践総合センター研究紀要 >
第20号 (2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/5896

タイトル: 保護者と教員との共同をめざすPTA活動 ―奈良教育大学附属小学校PTAを例に―
その他のタイトル: PTA activities toward cooperation between parents and teachers ―A case for the PTA in the elementary school attached to Nara University of Education―
著者: 坂下, 伸一
平賀, 章三
玉村, 公二彦
キーワード: PTA(Parents and Teachers Association)
保護者と教員との共同(cooperation between parents and teachers)
PTA研究会(study group of PTA)
ETYP:教育関連論文
発行日: 2011年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター
収録雑誌名: 教育実践総合センター研究紀要
巻: 20
開始ページ: 227
終了ページ: 231
ISSN: 13476971
収録種別: 紀要論文
抄録: 子どもの成長を保障するために保護者と教員とが共同し、学校づくりを進めていくことが学校教育の基本だといえる。しかし、今日の子どもと学校教育をめぐる厳しい状況のもとでは、保護者と教員とが共同して学校づくりを進めることには困難が少なくない。保護者と教員との関係は単純ではなく、緊張をはらんだものとなっている。そうした中では、PTAの活動が、学校づくりを進めるためのキーの一つだと考える。 奈良教育大学附属小学校のPTAは、本校が学校づくりのテーマとしている「みんなの学校」に基づきながら、不十分さはあるが、保護者と教員との共同を目指すために、活動を進めている。中でも「PTA研究会」という保護者と教員との学習の場を創り出し、学び合いながら、共同を創りだす活動を行っている。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/5896
出現コレクション:第20号 (2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2011-H07.pdf682.41 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ