DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-1. 教育工学センター研究報告 >
第1号 (1978) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/4696

タイトル: クロロニトロベンゼン類のDMF中における電極反応
その他のタイトル: Electrochemical Studies of Chloronitrobenzenes in Dimethylformamide.
著者: 新居, 敏男
キーワード: electrochemistry
cholonitrobenzenes
発行日: 1978年3月25日
出版者: 奈良教育大学教育工学センター
収録雑誌名: 奈良教育大学教育工学センター研究報告
巻: 1
開始ページ: 27
終了ページ: 36
ISSN: 02897571
収録種別: 紀要論文
抄録: In order to elucidate the mechanism of the electrode reaction, the electrolytic behavior of chloronitrobenzenes has been studied in dimethylformamide by polarography and cyclic voltammetry. The nature and stability of the free radicals generated under controlled potential electrolysis has been investigated by ESR spectroscopy. The initial reduction of chloronitrobenzenes is a reversible one-electron process which gives the corresponding anion radical. The stability of the anion radicals, however, decreases in the order : dichloro, 2,3,5- and 2,4,5- trichloro-> 2,4,6- trichloro-> 2,3,4,5-tetrachloro->> pentachloro-nitrobenzene. The first reduction wave of pentachloronitrobenzene shows the overall two electron process with an ECE process.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/4696
出現コレクション:第1号 (1978)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CET1_27-36.pdf314.12 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ