DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
122. 古文化財教育研究報告 >
第13号 (1984) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/444

タイトル: 中世城郭,浪岡城遺跡出土珠洲系陶器の胎土分析
その他のタイトル: Detection of The Suzu Wares from The Medieval Namioka Castle Site, Namioka Cho,Aomori Prefecture
著者: 三辻, 利一
吉岡, 康暢
新谷, 武
中橋, 賢人
和布浦, 兼司
発行日: 1984年3月20日
出版者: 奈良教育大学古文化財教育研究室
収録雑誌名: 古文化財教育研究報告
巻: 13
開始ページ: 13
終了ページ: 16
ISSN: 02883988
収録種別: テクニカルレポート
抄録: X-ray fluorescence analysis was made on the wares excavated from the medieval Namioka castle site,Namioka cho,Aomori prefecture.Three of ten plecies of the wares were found to be Suzu ware.The remainder was found to be produced in the Goshogawara kiln sites,Aomori prefecture
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/444
出現コレクション:第13号 (1984)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kobunkazai13_13-16.pdf194.07 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ