DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-3. 教育実践研究指導センター研究紀要 >
第7号 (1998) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/4314

タイトル: 接着積層法による木材の曲げ加工の実践研究
その他のタイトル: The Study on Educational Practice of Laminated Wood Bending
著者: 谷口, 義昭
徳本, 高行
垣見, 弘明
吉田, 誠
キーワード: 木材
曲げ加工
発行日: 1998年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属教育実践研究指導センター
収録雑誌名: 教育実践研究指導センター研究紀要
巻: 7
開始ページ: 1
終了ページ: 9
ISSN: 09193065
収録種別: 紀要論文
抄録: はじめに単板を接着積層して湾曲部材を製作し、つぎにそれを加工して作品を製作する一連の学習が、中学校の技術・家庭科木材加工の授業に導入できるか否かを研究授業を通して検討した。その結果は以下のようにまとめられる。 1)水分を含んで柔軟化した単板に接着剤を塗布し、成型圧締装置で湾曲に成型し、その形状を治貝で固定して乾燥する作業を中学生は1時間の授業で行うことができた。製作した湾曲積層部材も良好な仕上がりであった。 2)湾曲積層部材を利用した木材加工題材「タオルハンガー」の製作では、かんながけ、のこびき、孔あけ、接着接合、塗装等木材加工の基礎的な技能の向上と装飾部のデザインに関して創意工夫する態度が見られた。「タオルハンガー」題材を生徒全員が製作することができた。 3)部材の製作からこれを利用した作品製作までの学習に生徒は意欲と興味・関心を示し、木材加工学習の製作題材として授業に導入できる可能性があることを明らかにした。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/4314
出現コレクション:第7号 (1998)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
CERT7_1-9.pdf1.7 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ