DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-4. 教育実践総合センター研究紀要 >
第10号 (2001) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/4166

タイトル: 総合的な学習の時間を中心とした異文化理解学習
その他のタイトル: Report on cross-cultural Learning in Period for Integrated Study at Lower Secondary School
著者: 澤田, 田津子
頓宮, 勝
植西, 浩一
佐古田, 康義
奥原, 牧
中嶋, たや
山尾, 文夫
谷口, 尚之
キーワード: カリキュラム
curriculum
総合的な学習
integrated study
異文化理解学習
cross-Cultural learning
発行日: 2001年3月31日
出版者: 奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター
収録雑誌名: 教育実践総合センター研究紀要
巻: 10
開始ページ: 125
終了ページ: 127
ISSN: 13476971
収録種別: 紀要論文
抄録: 附属中学校では、奈良教育大学在学の留学生の参加を得て、異文化理解教育を進めている。取り組みの内容は、学年での校外行事と学級単位の折り紙や新年の伝統行事を題材とした交流会である。多数の留学生の協力によって、単発的なイベントに終わらない継続的な交流ができ、学習者の異文化への関心が高まりつつある。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/4166
出現コレクション:第10号 (2001)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD10-125.pdf182.59 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ