DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
101-2. 奈良学芸大学紀要 (人文・社会科学, 自然科学) >
第14巻 自然科学 (1966) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/3358

タイトル: 奈良県吉野郡川上村高原川流域のマンガン鉱床
その他のタイトル: Studies on the Manganese Ore Deposits in the Takahara River Valley of the Kawakami Village, Nara prefecture
著者: 梅田, 甲子郎
発行日: 1966年2月28日
出版者: 奈良学芸大学
収録雑誌名: 奈良学芸大学紀要. 自然科学
巻: 14
開始ページ: 41
終了ページ: 46
ISSN: 03693937
収録種別: 紀要論文
抄録: The manganese ore deposits distributed along the Takahara river are concordantly contained as bed veins in chert of the paleozoic system, and repeat frequently small foldings with the country rock. The hanging wall of the deposits is fresh massive chert and the foot wall is mainly metamorphosed stratified chert. The metamorphism of the counry rock is hydrothermal sencitization.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/3358
出現コレクション:第14巻 自然科学 (1966)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
NUE14_2_41-46.pdf263.32 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ