DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
300. 学位論文 >
2009年度(平成21年度)修了 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/2837

タイトル: 日本と中国の技術教育の比較研究 -日本の技術教材による中国の授業改善の試み-
著者: 馮, 玲
発行日: 2010年3月25日
出版者: 奈良教育大学
収録種別: 学位論文
内容記述: 奈良教育大学修士学位論文, 学位の種類: 修士(教育学), 学位授与年月日: 平成22年3月25日
抄録: 21世紀において、産業技術はさらに高度化し、そして情報化社会も同時に進んでいる。著者出身の中国では、ここ数年教育が大きく変化してきている。政府は、今後10~20年間に教育を受けるチャンスをより多く提供し、国民の教育レベルを大幅に高めることにしている。そこで、これらの目標を実現するために、発展途中国である中国の産業技術教育の充実を目指して、課題を把握し、そして協力して課題解決を行うことを本研究の目的としている。研究方法として、日本の教材会社が製作したカタログに注目し、これに記載されてきた題材を分析して、日本の技術教育において使用されてきた教材・教具の変遷について検討した。現在日本の学校で使われている教材を中国の中学生と教師に提示して、これを中国の中学生と教師に提示してアンケート調査を行い、中国の中学校の生徒と教師から、評価を得た。結論として、アンケート調査分析を通して、中国の生徒と教師はものづくりを中心として技術の授業に興味・関心を示したことから、学校教育に「技術」を導入すべきである。日本をはじめ、諸外国との国際協力や、ネットワークを使った情報の共有化などを図り、技術教育の改革を積極的に推進していくべきだと考える。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/2837
出現コレクション:2009年度(平成21年度)修了

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
thesis2009hyou.pdf4.44 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ