DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
101-3. 奈良教育大学紀要 (人文・社会科学, 自然科学) >
第22巻 第2号 自然科学 (1973) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/2777

タイトル: A Basic Study on the Behavior of Ions in Solutions by means of Solvent Extraction 1 The halogeno-and nitro-complexes of Eu (Ⅲ) by means of TTA-benzene extraction.
著者: MITSUJI, Toshikazu
SAKURADA, Matsujiro
NOMURA, Kazuo
発行日: 1973年11月15日
出版者: 奈良教育大学
収録雑誌名: 奈良教育大学紀要. 自然科学
巻: 22
号: 2
開始ページ: 31
終了ページ: 42
ISSN: 05472407
収録種別: 紀要論文
抄録: 1) The complex formation between Eu (III) and the inorganic ligands such as CI-, F- and NO3- was investigated by means of TTA-benzene extraction. 2) Eu(H2O)63+ was the most probable ionic species in the perchlorate solution, and the extraction reaction was expressed as; Eu(H2O)63+ + 3HT = EuT3 + 6H2O + 3H+ 3) [Eu(H2O)63+]・[NO3-] was the most probable ionic species in the nitrate solution. The extraction reaction from the nitrate solution was inferred to be: [Eu(H2O)63+]・[NO3-] + 3HT = EuT3 + 6H2O + NO3- + 3H+ [Eu(H2O)63+]・[(NO3-)2] + 3HT = EuT3 + 6H2O + 2NO3- + 3H+ and the stability constants of the complexes were measured.
言語: eng
URI: http://hdl.handle.net/10105/2777
出現コレクション:第22巻 第2号 自然科学 (1973)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NUE22_2_31-42.pdf360.72 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ