DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
101-3. 奈良教育大学紀要 (人文・社会科学, 自然科学) >
第39巻 第2号 自然科学 (1990) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/1815

タイトル: 年輪幅による大気汚染の評価法の研究
その他のタイトル: Evaluation of Air Pollution by the Tree Ring Widths
著者: 東村, 隆子
発行日: 1990年11月26日
出版者: 奈良教育大学
収録雑誌名: 奈良教育大学紀要. 自然科学
巻: 39
号: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 10
ISSN: 05472407
収録種別: 紀要論文
抄録: The widths of annual rings of Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa were measured and the method finding out anomalies in circumstances was studied. Results obtained are as follows. 1 ) The secondary growth of trees is not influenced by the temperature of the preceding year but it is effected positively by the temperature of that year. 2 ) It is effected positively by the yearly rainfall between June of the preceding year and April of that and negatively by the yearly rainfall between June and September of that year. 3) The widths of annual rings of samples taken from almost every area in the western Japan were decreased remarkably in the period between 1965 and 1975. This decrease is probably caused from air pollution.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/1815
出現コレクション:第39巻 第2号 自然科学 (1990)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NUE39_2_1-10.pdf386.31 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ