DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
101-3. 奈良教育大学紀要 (人文・社会科学, 自然科学) >
第65巻 第1号 人文・社会科学 (2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/11035

タイトル: 奈良盆地の小学4年生を対象とした奈良県南部の山村地域に関する授業の提案と実践─地域多様性の理解を深めるために─
その他のタイトル: Development of a New Class on Mountainous Areas in Nara Prefecture for Elementary School Children in Nara Basin
著者: 河本, 大地
井上, 惠太
越尾, 裕介
中窪, 寿弥
山方, 貴順
二階堂, 泰樹
豊田, 大介
高, 翔
池辺, 優輔
峰重, 勇海
壁, 阿紀
キーワード: 地域多様性
Regional diversity
ESD(持続可能な開発のための教育)
Education for sustainable development
山村
Mountainous Village
奈良県吉野郡川上村
Kawakami Village,Nara Prefecture
ETYP:教育関連論文 
発行日: 2016年11月30日
出版者: 奈良教育大学
収録雑誌名: 奈良教育大学紀要. 人文・社会科学
巻: 65
号: 1
開始ページ: 61
終了ページ: 75
ISSN: 05472393
収録種別: 紀要論文
抄録: This paper examines how to facilitate children (4th grade pupils at an elementary school) to understand regional diversity inside Nara Prefecture where has many people in Nara Basin and less people in mountainous southern areas. As a practice of education for sustainable development, the authors develop some lesson plans.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/11035
出現コレクション:第65巻 第1号 人文・社会科学 (2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NUE65_1_61-75.pdf6.44 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ