DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
101-3. 奈良教育大学紀要 (人文・社会科学, 自然科学) >
第65巻 第1号 人文・社会科学 (2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/11033

タイトル: 奈良教育大学特別支援教育研究センターの相談事業における利用状況と課題
その他のタイトル: The Current Tendency of Counseling and Consultation Service of Center for Special Needs Education in Nara University of Education 
著者: 小枝, 久美子
大西, 貴子
式部, 陽子
根來, 秀樹
キーワード: 特別支援教育
special needs education
相談
counseling and consultation
発達障害
cdevelopmental disorder
ETYP:教育関連論文
発行日: 2016年11月30日
出版者: 奈良教育大学
収録雑誌名: 奈良教育大学紀要. 人文・社会科学
巻: 65
号: 1
開始ページ: 47
終了ページ: 52
ISSN: 05472393
収録種別: 紀要論文
抄録: Center for Special Needs Education in Nara University of Education provides counseling and consultation services for children with developmental disorders, their families,and teachers. We added up the number of cases from 2007 to 2015 and investigated a recent tendency. As a result, the total number of clients and the counseling number of times per one case both increased. Moreover approach style has been changing toward to taking enough time on every case in cooperation with other organizations. On the other hand, the service of consultation for teachers was not used so much. The present study showed that the role of Center had changed in accordance with clients’ needs. Some of future tasks were discussed.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/11033
出現コレクション:第65巻 第1号 人文・社会科学 (2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NUE65_1_47-52.pdf846.44 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ