DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-6. 次世代教員養成センター研究紀要 >
第2号(2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/11024

タイトル: 地域一体型教育実習プログラムの開発-「京都大原学院 教育インターンシップ」の試行をふまえて-
その他のタイトル: A Development of Teaching Practice Program in School and Community Based on the Trial Run of “Internship on Education in Kyoto Ohara Gakuin”
著者: 赤沢, 早人
キーワード: 教育実習
teaching practice
教育インターンシップ
internship on education
保護者や地域との連携
cooperation with parents and communities
ETYP:教育関連論文
発行日: 2016年3月31日
出版者: 奈良教育大学次世代教員養成センター
収録雑誌名: 次世代教員養成センター研究紀要
巻: 2
開始ページ: 329
終了ページ: 333
ISSN: 21893039
収録種別: 紀要論文
抄録: 山間・島嶼部の小規模校で教育実習を行う地域一体型教育実習プログラムの試行として、京都大原学院と奈良教育大学が「京都大原学院 教育実習インターンシップ」を共同開発した。大学の担当教員と実施校の管理職とが、実施方法を丁寧にすり合わせながら計画を立案し、2015(平成27)年2月23日にプレ実施に当たる「一日体験活動」を、9月24日~30日には2名の学生を対象とした本実施を行った。教育インターンシップ活動を通した学生への教育成果として、小規模校での教育活動や小中一貫教育、そして保護者や地域との連携という観点で、より複合的で深まりのある理解をもたらすことが出来た。一方で、組織的な運営や指導体制について課題が明らかになった。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/11024
出現コレクション:第2号(2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2016-H21.pdf1.55 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ