DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
103-6. 次世代教員養成センター研究紀要 >
第2号(2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/11023

タイトル: 原子・分子の実在性を考える教材の研究-原子論の歴史を題材に-
その他のタイトル: Study of Teaching Materials for Understanding the Existence of Atom and Molecule Based on History of Atomism
著者: 後藤田, 洋介
片岡, 佐知子
キーワード: ブラウン運動
Motion of Brownian particles
科学史
Science history
原子・分子の実在性
Existence of atom and molecule
ETYP:教育関連論文
発行日: 2016年3月31日
出版者: 奈良教育大学次世代教員養成センター
収録雑誌名: 次世代教員養成センター研究紀要
巻: 2
開始ページ: 323
終了ページ: 328
ISSN: 21893039
収録種別: 紀要論文
抄録: ブラウン運動は原子の実存の証拠となることが知られており、科学史の中でも重要な実験として取り上げられている。本研究では、ブラウン運動を中心とした科学史を通して原子・分子の実在性を考える教材を作成した。学校教育で実践することを最終目標としているが、その前段階として大学の物理学実験の課題の一つに、ブラウン運動の実験を取り入れた。本稿では、作成した教材の目的及び内容を紹介するとともに、学校現場での実践に際しての課題について報告する。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/11023
出現コレクション:第2号(2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
CERD2016-H20.pdf2.33 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ