DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
104-2. 自然環境教育センター紀要 >
第17号 (2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/10403

タイトル: 奈良公園春日山原始林吉城川における底生動物相
その他のタイトル: The benthic invertebrate fauna of the Yoshikigawa River in the Kasugayama Primeval Forest, Nara Park
著者: 田村, 芙美子
高野, 彩子
鳥居, 春己
吉成, 暁
キーワード: 底生動物相
春日山原始林
生物学的水質判定
発行日: 2016年3月20日
出版者: 奈良教育大学自然環境教育センター
収録雑誌名: 奈良教育大学自然環境教育センター紀要
巻: 17
開始ページ: 25
終了ページ: 34
ISSN: 21887187
収録種別: 紀要論文
抄録: ニホンジカの個体数増加に起因する植生改変によって多くの生物に影響が出ていると予測される奈良公園春日山原始林内吉城川の2地点において底生動物調査を行った。2地点で3門4綱14目38科87種が採集された。両地点は近距離ながら、個体数、湿重量に明瞭な違いが見られ、生息環境の僅かな違いが影響していたと考えられた。調査地点の1地点は、谷ほか(1990) が25年前に調査を行っていた。谷ほか(1990) との比較の結果、当時よりトビケラ目でやや種類数が減少 していたほか、他の目においても種類組成に変化がみられ、それらの生態的特性から、水量の減少など、河川環境が変化している可能性が考えられた。水質については大きな違いは認められなかった。
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/10403
出現コレクション:第17号 (2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEE17_25-34.pdf1.35 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ