DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
104-2. 自然環境教育センター紀要 >
第17号 (2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/10402

タイトル: 奈良県大台ヶ原産ニホンジカのルーメン内繊毛虫種構成
その他のタイトル: Rumen ciliate from wild Japanese sika deer culled in Ohdaigahara, Nara prefecture, Central Japan
著者: 佐藤, 郁美
今井, 壮一
鳥居, 春己
荒木, 良太
キーワード: Rumen ciliate
Japanese deer
Cervus nippon
Ohdaigahara
Entodiminium
発行日: 2016年3月20日
出版者: 奈良教育大学自然環境教育センター
収録雑誌名: 奈良教育大学自然環境教育センター紀要
巻: 17
開始ページ: 19
終了ページ: 24
ISSN: 21887187
収録種別: 紀要論文
抄録: Rumen ciliate protozoa composition was analysed on 13 wild Japanese sika deer (Cervus nippon) culled for deer density control during July and September 2013 in Ohdaigahara, Nara prefecture, central Japan. Six species belonging to only genus Entodeminium were detected, namely E. simplex, E. nanellum, E. convexum, E. abruptum, E. dubardi, E. parvum. In these species E. dubardi was dominant, E. simplex and E. nanellum followed, and these three species occupied more than 90% on ciliate protozoa number. Number of ciliate protozoa from fawns estimated 2-3 months old was statistically lesser than that of deer older than 1 year old.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/10402
出現コレクション:第17号 (2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEE17_19-24.pdf837.88 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ