DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
104-2. 自然環境教育センター紀要 >
第17号 (2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/10401

タイトル: 屋久島における森林調査区の胸高断面積・最大胸高直径・最大樹高の垂直分布
その他のタイトル: Altitudinal variations of basal area, maximum diameter at breast height, and maximum height of forest research plots in Yakushima Island, Japan
著者: 辻野, 亮
キーワード: 付加的胸高断面積
スギ
自然の実験
毎木調査
植生
additive basal area
Cryptomeria japonica
natural experiment
tree census
vegetation
発行日: 2016年3月20日
出版者: 奈良教育大学自然環境教育センター
収録雑誌名: 奈良教育大学自然環境教育センター紀要
巻: 17
開始ページ: 1
終了ページ: 18
ISSN: 21887187
収録種別: 紀要論文
抄録: 屋久島では、原生的な照葉樹林をはじめとして森林に関する研究が盛んに行われている。屋久島島内に散在する大小多数の森林調査区の毎木調査データを整理したところ、永久調査区と一時的調査区を含めて計27.9 ha、126箇所の調査区(平均0.22 ha、0.0002~4 ha) が見いだされ、58科144種の樹種が確認された。標高傾度に沿った胸高断面積、最大胸高直径、最大樹高、種数は、生活型によって異なる挙動を示した。スギを主とする針葉樹の胸高断面積が、750~1,600mまでは一山型を示した(平均78.2 m2/ha)。常緑広葉樹の胸高断面積は、0~1,000 mくらいまではほぼ一定で(平均53.9 m2/ha)、1,000~1,600 mにかけて減少してほぼ0になっていた。また、落葉樹の胸高断面積は標高に変わらず低い値(平均3.5 m2/ha) だった。これらの合計として、全樹種では750~1,600 mの標高帯において「付加的胸高断面積」現象がみられた。標高750~1,600 mにおいて針葉樹と常緑樹の最大樹高の平均値(30.6 m、22.8 m) に差があったことから、針葉樹が広葉樹の林冠層から突出して両生活型の樹種が別々の階層の光を利用できたために、針 葉樹の胸高断面積が付加されたと考えられる。
In Yakushima Island, researches on the forest, such as pristine forests, have been actively conducted. By integrating tree census data of small/large forest research plots that located on the whole island, 126 forest research plots (mean 0.22 ha, range 0.0002 - 4 ha) of a total area of 27.9 ha, including permanent and temporary plots, and 144 species out of 58 families were found. Stand basal area, maximum diameter at breast height, maximum tree height, the number of species along the elevation gradient showed a different behaviour by three life forms of trees, i.e., evergreen conifer trees, evergreen broadleaved trees, and deciduous broadleaved trees. Basal area of evergreen coniferous trees, mainly sugi cedar Cryptomeria japonica, showed unimodal (average 78.2 m2/ha) between 750 ~ 1,600 m a.s.l. That of evergreen broadleaved trees showed constant (mean 53.9 m2/ha) between 0 m ~ 1,000 m a.s.l. and decreased (mean 53.9 m2/ha) between 1,000 ~ 1,600 m a.s.l. In addition, the basal area of deciduous broadleaved trees showed low value (mean 3.5 m2/ha), which had little effect on the total stand basal area. Reflecting these basal areas by life form `additive basal area’ phenomenon was observed in the altitude zone of 750 ~ 1,600 m a.s.l. I suggested that the basal area of conifers is additive, since the means of the maximum tree heights differed between the evergreen conifer trees (30.6 m) and evergreen broadleaved trees (22.8 m) in 750 ~ 1,600 m a.s.l and conifer trees that emerged from canopy layer of the broadleaved trees were able to utilize light of different vegetation layer.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/10401
出現コレクション:第17号 (2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEE17_1-18.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ