DSpace
 

Nara University of Education Academic Repository >
100. 学内刊行物 (紀要、研究報告) >
104-2. 自然環境教育センター紀要 >
第16号 (2015) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10105/10395

タイトル: 高密度にニホンジカ(Cervus nippon)が棲息する奈良公園におけるシバ地植生の生産量
その他のタイトル: The productivity of the short- grass (Zoysia japonica) community under the high density population of sika deer (Cervus nippon) in Nara Park, central Japan
著者: 鳥居, 春己
高野, 彩子
キーワード: ニホンジカ
シバ植生生産量
飼養個体数
奈良公園
sika deer
Zoysia community productivity
carrying capacity
Nara Park
発行日: 2015年3月20日
出版者: 奈良教育大学自然環境教育センター
収録雑誌名: 奈良教育大学自然環境教育センター紀要
巻: 16
開始ページ: 37
終了ページ: 43
ISSN: 21887187
収録種別: 学位論文
抄録: ニホンジカが高密度に棲息する奈良公園において、移動式シカ柵を用いてシバ地の生産量を推定した。5 基の柵を2007年4月から翌年4月まで設置し、1ヶ月間隔で移動し、柵内の10 cm四方の区画それぞれ3カ所から伸張した植物を採取し、乾燥重量を計量した。冬期間の生産量はなく、春には急激に増加し、秋まで安定して生産され、年間に2,895 kg/haとなり、この量は奈良公園と同様に高密度に棲息する宮城県金華山島の結果と類似したものであった。その生産量から公園平坦部で養うことのできるシカ個体数はほぼ730 頭と推定された。
Productivity of short grass (Zoysia japonica) community under the high density of sika deer (Cervus nippon) using a removable fence was studied in Nara Park, central Japan. Five fences were settled in short grass community in the park at April 2007, these were changed by month in location, then the higher part of vegetation were collected in five 10 cm × 10 cm area than that of neighbouring unfenced area. Collected vegetation were dried and weighed as biomass. Monthly biomass were very little during winter, these increased from spring and maintained to autumn. Total biomass through the year was 2,985 kg/ha/year. This result was similar to the result of Kinkazan island, Miyagi prefecture under high density of sika deer like Nara Park, and suggested short grass community in Nara Park could raise ca. 700 deer.
言語: jpn
URI: http://hdl.handle.net/10105/10395
出現コレクション:第16号 (2015)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEE16_37-43.pdf1.19 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - 問合せ